ご利用者様の声

ご利用者様の声(平成27年9月ご成婚)

フィリピン人との恋愛に関して

人生は1度きり。 たった1度しかない人生だからこそ。

我々の人生は長く短いと思いますが、悔いのない人生の一つに、結婚や子育てがあると思うのです。例え、一度離婚してしまっても、私の様にもう一度結婚を目指す事はそのエネルギーを人生の活力に変えられるでしょう。

成婚者の声2

あなたのお子様は一生あなたのお子様です。
あなたのお子様は一生あなたの”子供”なのです。

私は責任ある親としてあなたに伝えたいです。
また、子育てを終えた先輩方に私は伝えたい。

あなたの愛する女性を探してください。それは日本人かもしれません、外国人なのかも知れません。あなたがしっかりとした恋愛ができれば、あなたの人生にとって安らぎの一つが増えると思います。

その事により、もちろん辛い事や悲しい事が増えるかもしれません。しかし、私は本当に結婚は良い物だと思っています。また国際結婚も同じだと思います。

なぜなら、単調な毎日から解放されるからです。もう、一人ではありません。

成婚者の声

その選択肢として、日本人女性も同様です。
付き合うと言っても、

スクリーニング(簡単な身辺調査)
恋愛がしっかりと出来る事(恋愛が不慣れでもサポートを受けて)

その2つがとても重要なのです。

申し訳ありませんが、一度渡航して、現地で会って5日後に結婚してキスして抱き合って別れる・・・。そんな事はなかなか難しいと思います。よっぽど男性が恋愛に熟知し、ネイティブな共通言語を話し、共通の趣味で、さらに女性が好む男性の容姿や一般的なハンサムな場合を除き、、。今は恋愛はお金より魅力ある男 性に変わってきました。それは趣味や価値観の多様化が原因だと私は思っております。あなたの周りでは違いますか?

しかし、未だ現地のフィリピン人女性は男性の好みが少し他の国と異なると思っております。韓流(この場合はkpopスター)の影響もタイなどでは爆発的な人気ですがフィリピンでは 程遠い感じです。しかし、確実に若いフィリピン人女性影響を受け始めました。余談ですが個人的にファッションが好きなのですが、北京や上海などの中国人は とてもファッショナブルです。もちろん韓国も・・。

今だからこそ出来る事。病気になってからでは、思うように何もできない。
そして、自然な恋愛をしてください。

あなたが望むのであれば私はあなたを応援するでしょう。

50代、60代の先輩方でも構いません。一緒に頑張りませんか?

Sより

成婚者のインタビュー

はい。在留許可申請時の資料に関しては必ず真実を書かなければなりません。出会いから、交際、婚約、結婚までの経緯を提出する訳ですが、私はこの国際結婚情報サイトで出会ったと正直に書きました。
その結果、私の妻のVISAですが短期間で交付に至りました。サマサマネットは入国管理局側も一定の認識をしていると考えています。

入国管理局では多くの利用者は一定に結婚生活を営んでいるという認識であると私はこの交付から思っています。こちらの業者が一定の評価を受けている事は心強いです。
また、業者選びに関しては、入国管理局側に出会った経緯をその業者名が書けるかが重要です。入国管理局側に名乗れない業者や、いわゆる資金援助を目的とした出会い系等で知り合った場合はより審査が厳しいかもしれません。

はい。大切な食事の事なので、重点的に改善しました。

数か月後の現在ですが、日本食を好んで食べるようになりました。それは大変良かったと思いま す。色々なお考えがあると思いますが、自宅でフィリピンの料理を家族に振る舞う事も素晴らしい事だと思っています。しかしながら、ここは日本なので食材や 調味料は高いです。それを入手する事は簡単ですが、まずは日本食を一通り知って頂き、比べてもらう事が一番と考えていました。

来日当初はフィリピンの食事を恋しがった時期もありましたが、私の方でフィリピンの調味料や料理を用意しないと事前に伝えておりましたので、その辺りはとてもスムーズに移行が出来たと思います。

フィリピンの女性は明るい性格ですので、どんなお店でも付いてくると思います。例えば、牛丼店にも平気で入ります。その場合は昼食なら二人で800円くらいで済みます。

気取った女性の場合や米食文化の無い女性との結婚生活は生活コストがかさむ事はいうまでもありません。お昼時でも、その都度”大変綺麗で雰囲気のある”ファミリーレストランや高級専門店での食事では二人で4,000円くらいかかります。

そのような場合一ヶ月4万円くらいは外食代に消えてしまいますから、フィリピン人女性の場合はご実家に仕送りをしても外食経費を抑える事が出来ると思います。

愛はもちろん重要ですが、生活する為に必要なランニングコストも重要ですよ。

Sより

基本的に皆様が心配されていることは二つあると思います。
一つは仕送り。もう一つは家出しないかですよね?地方でもフィリピン人女性は全く問題 ありません。私も地方でありますし、妻が将来働くところといえば、工場くらいしかありません。また、私たちが一番恐れる!?フィリピンパブの存在は都会に比べ数店しかありませんので、現実的に家出してそこで働くことは困難だと思います。

家出もあなた自身(ご主人様)が暴力をふるったり、フィリピン人のプライドを傷つける事を続ければ、それは日本人であっても実家に帰りたくなります。愛を育み長い時間をかけて来日した女性ですから、普通はあまり聞きません。

お気づきだと思いますが、我々が海外旅行へ行くように、彼女たちが来日した世界は非常に狭いのです。しかし、いきなり東京や大阪などの都会見学をさせればどうでしょう?多くの華やかな世界を”現実的に”知ってしまいますよね。

フィリピン人女性の情報源はフェイスブックが主です。そこにはあまり細かい日本の情報は流れていないのです。地方でも問題ない理由は、彼女たちが愛する家族がたまたま地方の男性であったが為、やむおえずではなく必然的な環境だからです。

あまり深く考えず、来日の際はできる限りあなたの町へ直行させてください。私も来日の際はお手伝いすることができますよ。その時は、あなたの町へお連れいたします。

Sより

ご利用者様のQ&A

私はヨーロッパ女性と恋愛、結婚をしてきました。率直に言いますと、少しヨーロッパの女性とは異なります。第一に日本という国をヨーロッパの現地女性はあまり知りません。
しかし、フィリピン人女性はある程度日本の知識を持っています。
ですから、あまり日本についての説明(文化や地理的な場所)など紹介の必要がありません。フィリピン人女性は日本について良く知っていますので、話のきっかけがその分失われますが、共通の話題を見つける事ができます。

共通の話題として、趣味やカラオケなどありますね。

そこから女性としっかり打ち解けて話していきますと、こちらが女性に興味があると伝える事ができると思います。日本人でもそうですが、まずは自分に興味を持ってもら う事から初める事は万国共通です。いきなり”I Love you”とは・・・普通あり得ませんから。
数日行動を共にしてコミュニケーションをはかる事でより恋愛関係に発展し、その後はメールや LINE、スカイプでのコミュニケーションを取る事で本格的に恋愛関係になると思います。
普通の恋愛と同じです。

フィリピン人女性は”興味のある男性に熱しやすい性格”であるように見受けられました。

恋愛が成熟しやすいお国柄でもありますね。 Sより

私は妻を愛していますので、結婚しました。結婚までの期間で私は何度も交際を止めようと思っていました。なぜなら信用できなかったからです。
しかし、きちんとした恋愛ができれば相手も私を信用しました。なので、お金の心配はありません。

中国人や韓国人とは容姿が日本人に近い事から結婚を望まれる方もいると思います。
特 に中国人女性との国際結婚は人気ですね。私の個人的な意見はVisaハードルの高さです。ハードルが高ければ、真剣に同じ目標を持ち恋愛する事もできま す。それは、やはり一緒に高いハードルを乗り越える目標ができるからです。それは自然な恋愛ならではだと思います。日本で一緒に生活をしても、お互い仲良 しであれば、そう簡単には離婚に至らないと思います。それは日本人と同じです。しかしながら、どの国の女性でも容姿だけで選ぶのではなく、きちんと交際を なされてから結婚をするのが一番とお伝えいたします。

お互いの信頼関係が重要ですね。 Sより

オシャレにした方が良いと思います。
「服装は特に関係ないです。現地は暑いし、センスも日本と違いますから」と気を使って運営からおっしゃって頂きますが、マニラの空港までは日本から行くわけですし、それなりの服装で出かけた方が良いと思います。我々は紳士であるべきです。
上下スーツはもちろん暑いですから、クールビズ的な格好でも良いですし、オシャレな短パン、Tシャツでも大丈夫です。
私 の個人的な感想ですが、ワンポイントのロゴマークのはいったポロシャツなどがは良いと思いますね。例えば、ラルフローレンの大きいマークやラコステの大き いマーク。ナイキなんかもとても良いと思います。靴は現地ではナイキのサンダルやロゴの入ったスポーツシューズが人気だと思います。
私はマニラのモールで交際中、独自にリサーチをしていましたら、そのような主張がわかりやすく評価されるような感じに見受けられます。あまり派手すぎますとセキュリティー的に問題がありますから、その程度がオシャレが現地の基準かもしれません。

ワンポイントロゴの鮮やかなポロシャツを着こなせる男性は素敵ですね。

女性の趣味趣向は意外と異なりますから、女性に直接聞いてみてください。

私は交際が進んだ時、ペアルックをお勧め致します。Sより

私は何もいらないと思っています。なぜなら、その女性の事を何も(あまりにも)知りません。
また、事前にSkypeで先にコミュニケーションをしていたとしても、何も持参する必要はないと思っています。
その理由に、現地に大きなショッピングモールがありますので、女性へのプレゼントはそこで十分に間に合うからです。日本のショッピングモールとさほど変わらないクォリティです。
男性の好意で日本のお菓子を持参したとして同じような物が現地のコンビニで売られています。
また、ボディーガードを付けてフィリピン人女性と買い物に行きますと、女性の性格も垣間見る事ができます。
例 えば、中にはおねだりする子もいるでしょう。家族に必要な物を買わせようとする行動もあるかもしれません。女性との恋愛は駆け引きです。家族のお土産よ り、まずは女性の記憶に残るTシャツやジーパンなど安い物でも宝飾品以外の”身に付けるもの”が良いのではないでしょうか!?
その女性の体のサイズも把握できますね。(現地女性のサイズ表記は違いがあるようです)

私はあるものを買いました。それは現地ユニクロで〇▼×を一式買ってあげました。
私は外国人との恋愛経験が豊富なので、初めからこれに決めてましたよ。

私は長い国際結婚生活を送った経験があります。それはヨーロッパの方でした。外国人との恋愛はそれなりに熟知していると思います。
その上で気が付 いた点ですが、ヨーロッパ女性は個人主義ですから、まずはお互いの相性を確かめます。その間に異性との交流も比較的寛容です。ヨーロッパは”日本で言う所 の付き合う”とうニュアンスがありませんので、お互い友人関係が長く続けば婚約に至ります。その間に当然男女の深い関係もあります。
しかし、フィリピン人女性の場合は異なると思います。独占欲が強く日本的な付き合う関係に近いと思っています。お互いが意識すれば、異性との交流はご法度になる可能性が高いです。

ヨーロッパ女性でも嫉妬はもちろんありますが、そこはフィリピン人女性はラテン気質。さらに強い独占欲が目立つように感じます。

最初に女性と会った時に、聞いてください。

「あなたは独占欲が強いですか?」と・・・。

”強い”と答えた女性はとてつもなく強いと思います。
日本人と比べますと束縛が強すぎるレベルに感じますが、これが愛情の裏返しというのは愛の表現としては解りやすいのではないでしょうか!?

日本的な”付き合う=彼女になる”という事はフィリピン人女性の方が断然早いです。日本的に付き合う時間でお互いのフィーリングを確かめあうようですね。

ヨーロッパ女性はしっかりとした恋愛をしなければ基本的に落ちません。その為付き合うまでの期間は長く感じます。付き合うまでの期間でお互いのフィーリングを確かめるのが違いです。

フィリピン人女性は熱しやすいタイプと先に申しあげました。それはそれほど間違った解釈ではないと思います。(人気のある女性などは男性をより吟味するのは日本と変わりません・・・。)恋愛が発展すればフィリピン人女性とのコミュニケーションも多くなります。

恋愛でのNGワードは万国共通。ヨーロッパ女性も同じだと思いますが、ここで出しますNGワードはコミュニケーションを同じ言語でネイティブに取れない場合です。
例えば、フィリピン人は英語をしゃべります。あなたも英語がネイティブな場合はあてはまらないと思います。ミスコミュニケーションの多くはお互いの誤認です。

宗教
政治的・思想的な話題
ジョーク

この辺りが一般的だと思います。
宗教はご説明しなくても、相手の宗教も尊重するべきだと個人的に考えております。
政治やあなたの思想的な話題も誤認する内容が多いですので、少しまだお控えなされて方が良いです。最後のジョークですが、個人的にこれが一番厄介です。

例えば、「私はゲイだよ」

日本人同士なら相手の素行や言動から理解し、信じる方がおかしいのですが、それを女性にジョークを言った場合、フィリピン人女性から大変な”誤認”を招く恐れがあります。
それはジョークなのに・・・。
そのような場合は大きなトラブルに発展しますので、ご注意なされる前にジョークは言わない方が得策です。

その他に性的な話題の誤認なども気を付けたいです。

ご回答の前に、フィリピン人女性は物ではありませんので、恐らく女性との致命的な確執があり、関係が修復不可能になった場合の事だと思います。

私の経験では、出会い・交際中、婚約(相手女性の両親と会う)、そしてフィリピンでの結婚直前、フィリピンで入籍後 と違うので別けて考えています。

・出会い・交際中
お互い会ったばかりで何も知りません。
実 際コミュニケーション図り、どうも感じが違うといった場合や性格が最高にきつすぎるなどあると思います。自然の恋愛ですので、男性側からお断りすることは 自然だと思います。その場合、交際費や渡航費、ボディーガードや通訳代などを女性に請求することはできませんよね!?海外での恋愛ですからそれなりにコス トがかかるのは当然だと思います。そのあたり日本の感覚とは異なります。どこの国の女性と交際しても渡航費や宿泊代、プレゼント代などはかかります。

・婚約(相手女性の両親と会う)
男 性からの一方的に交際を止める場合、それなりの理由が必要になると思います。相手のご両親にも納得する説明が必要だと思います。(直接会わなくても)金銭 的に問題を片づけるなどはしてはなりませんね。あくまでも男女の問題です。その女性が日本の生活になじめそうもない等、それ相当の理由があれば、お互いで 自然に別れるという事もあると思います。上記・出会い交際中と男性側の諸経費の認識は同じです。

・フィリピンでの結婚式前
結 婚式の準備、女性はウエディングドレスの購入などが終わっています。そこまで来ると、一方的に男性からの断り以外しかあり得ません。その場合は相手のご家 族や新婦に対して誠意ある説明が必要です。上記同じく。金銭的に問題を片づけるなどはしてはなりません。また男性側の責任ある行動も必要だと思います。き ちんとまずは理由を説明する所から始めるべきです。男性側は大きな費用負担(結婚式の準備など)があると思います。女性を大変悲しませる結果になります。男性側は大変心苦しく厳しいです。普通はあり得ませんので結婚式の準備は周到に・・・。

・フィリピンで入籍後、来日前まで
ここからはお互いの問題です。運営も相手のご家族も一切関係ありません。
夫婦の問題です。
私もこの時期に大きな問題を抱えました。夫婦の力で解決しました。
しかしながら、そのような問題の多くは上項にある「事実誤認」から引き起こされます。
「フィリピン人女性と恋愛する上でNGワードはありますか?」参照ください。また、この段階は結婚していますので浮気の素振りや嫉妬を誘うような表現は絶対にやめてくださいね。

男性側が余計な事を言わなければそのような問題にもならないと思います。

私は料金表を見てこちらを選びましたが段階的(交際段階)にによって恋愛を進められますから、ある意味とても安心でした。

自由恋愛ならではの相談ですね。

フィリピン人女性との恋愛では見た目に関してそれほど重要ではないとは思います。しかしながら、現地でもチヤホヤされる抜群に綺麗な女性などは海外にも友人がいると思いますし、彼氏がいる確率も高いでしょう。そのような女性は男性の好みが多少異なるのかもしれません。
ま た、韓流(この場合は韓国のPOPスター)の影響も少しあるようです。タイなどに比べ、まだそこまでは流行っていないようですが、昨今のフェイスブックや SNSの影響により、韓流に影響されている女性は、そのような若者のスタイルの男性を好むようです。しかしまだごく一部の女性だけと思いますが、今後は解 りません。
フィリピン人女性に関して男性は自信を持ってもらいたいと思います。 Sより

フィリピン人女性に限らず、女性が欲しいプレゼントは各国共通だと思います。
誕生日には花束やケーキなどのスイーツ。交際が進むにつれては衣類や宝飾品など(最初から高価で無い)ものなどが一般的ではないでしょうか?
日本人では交際が進めば、それとなく相手にプレゼントの希望を聞きますが、外国人女性と付き合う場合は、あまり気にしなくて良いと思います。あなたの気持ちを形にしてプレゼントする事も喜ばれます。

私は初めて会った時の運命的な写真を小さく印刷して、見開きの額縁に入れました。それに自分のメッセージを込めて2回目の再会時に渡しています。現在の妻は大変喜んでいました。

少し余談ですが、またこれも各国共通ですが、大変喜ぶのは自由に用途を選べるお金です。それは例えば、日本の女性の場合でも

誕生日に1万円を用意したので「あなたの好きな物を買ってください」。

そ ういう事もあると思います。しかしながら、外国人の場合は出会ってすぐや婚約中では、あまり機会がないでしょう。恐らく日本に来日してからだと思います。 その理由にお金の使い方を学ばせる事をしなければなりませんね。一緒に女性と買い物をする事で、より夫婦仲が良くなりますし、限られた予算ですから、高い 物を男性に買わせようとする事も極端な場合を除きありませんよね!。

それが最初から(交際中や婚約中で)、男性から女性にお金を渡してプレゼントを買わせようとしても、女性は全く使わない時もあります。

せっかく男性からプレゼントを買う為のお金を渡しても、女性のなかには家族に食料や備品を購入事もあるようですね・・・またあまり使わない・・・。

そのような時、大抵は男性の心証を悪くするでしょう。

「あなたの為に使ってください」それが伝わらないのです・・・。
実は女性は賢く男性に再度お金を使わせるように誘導している事もあります。男性はもう一回女性の為にお金を送金するでしょう・・・。その繰り返しはミスコミュニケーションになりますから、

私は女性の気を引く為にお金を女性に直接渡す事は、フィリピン人女性に限らず恋愛ではNGだと思っています。
交際が進めば愛する女性への定期的な少ないお小遣い(経済的な支援)などは目的が異なりますので良いと思います。

Sより

あなたのおっしゃることは理解できます。フィリピン人女性の先入観が私達にあると思います。私もそうでした。私はヨーロッパの女性をと交際していました が、お断りしても運命の妻との結婚を選びました。当然、ヨーロッパの女性との交際も簡単ではありませんでしたし、恋愛関係も成熟していました。

それは人それぞれの価値観だと思います。

私は関東に住んでいますが、都内へ行きますとまず外国人旅行者が大変多いです。
其れとタイ人を良く見かけるようになりました。タイ人の方も所得が以前よりかなり上がり、2013年度より日本にたくさん旅行に来て頂けるようになりました。もう時代が変わったとも思っています。

TVを見れハーフタレント。コンビニの定員さんは中国人などの留学生。
2020年には東京オリンピックが行われます。2015年イタリアの万博では日本館が大変な人気だそうです。グローバルに考えますと、日本だけでは無く相互に色々な国の方が行き来しています。

最近国際結婚が多くなったとか、そういうデータもあまり説得力が無いと思います。ご自身の人生ですから、あなたの愛する人がたまたまフィリピン人であっただけの事です。

私はフィリピン人の妻と歩いていましても恥ずかしく無いですよ。今はもう、そう言うのが普通の世の中です。あとは、どう将来の妻と日本の生活で向き合うか。大抵の方が、日本を選択し暮らす訳ですから来日までにきちんと妻となった女性にいろいろ話しておくべきですね。

私は子供にはダディーと呼ばせません。私はパパと呼ばせます。

そういった小さな事も各国ご夫婦それぞれ違う、それも価値観です。

私は日本のルールを十分に妻に理解させた上で外国人妻の妻と日本で暮らします。私達にはフィリピンで暮らす選択肢はありません。だから愛する妻と日本で暮らすのです。

ただそれだけの事です。

Sより

あなたが好きになった女性が一番良いと思います。
私はマニラに住む女性と知り合って良かったですね。その理由は女性が里帰りする時でも簡単だから です。セブ在住でも同じだと思います。空港からはバスとタクシーで乗り継ぎ帰ってもらえれば、それほどお金もかからないですし、子供と帰省する際も移動時 間が少ないという意味で安全です。

地方の女性を否定しませんが、渡航時間が長ければそれなりにお金もかかります。
ご家族を招へいする場合も同じです。倍くらいお金がかかる場合もあると思います。

マニラ在住の場合はセブ島に新婚旅行にも行けますので、総合的に考えるとマニラの女性ですかね・・。

Sより

ズバリ!共通して気になる心配事のQ&A

私の場合は約束はしていませんし、今後仕送りする予定もありません。

ただ、仕送りは、なるべくした方が良い場合も多くあります。

しかしそれには”日本人男性から”も条件があります。

例えば、あなたが大変な資産家で経済的に恵まれている場合は高い確率でなされた方が賢明です。優雅な生活を愛する妻にも行わせたい時などです。しかし、フィリピン人妻は実家の両親に対し申し訳ないと思います。あなたへの要望をするかもしれません。

きちんとフィリピン人妻と決めて数万円でもいいですが、適切な金額を送るべきです。

また違う例ですが、
フィリピン人妻が一家の働き手でそのお金、またはそのお金の一部で生計を建てていた時、それは働き手がいなくなってしまいますので当然のことながら、同額程度の援助はすべきではないでしょうか?

一方、
旦那様側に離婚した子供がいて養育費を払っている場合は、フィリピン人妻の家族への経済的な支援は難しいと思います。それでは本末転倒です。

また、
フィリピン人のご兄弟が多く、稼ぎ手が沢山いる場合(すでに海外で兄弟が出稼ぎしている等)はフィリピン人妻の負担も減るでしょう。

良く勘違いされているのですが、結婚と出稼ぎは彼女たちの認識では違いますので・・・。

あくまでも、するべき場合もありますが、しない事もあり得るという事です。

私 は良く存じ上げませんが、「税金にて還付される事」で仕送り正当化する事とは少し趣旨が異なります。国際結婚の多くは女性(妻)も日本で働き、そのお金の 一部を故郷のご両親に送金するのが一般的だと思います。女性が言葉の問題やお子様が生まれて間もない時など、妻が働けない間には、旦那から妻へのフォロー を一定期間する必要もあるかもしれません。

そのような重要な事は二人で決める事なのです。

また、フィリピン人妻にもお小遣いを渡すと思います。例えば妻が働きに出るまで3万円だとした場合、その一部を送金しても良いのではないでしょうか?その送金手数料などは男性が負担してあげれば喜ぶと思います。

フィリピン人妻はご家族が多いですから、将来的に仕送りは必ず妻が行うと思います。それは子育ても終わり、日本語もそれなりに理解した時期です。
それまで男性が仕送りを行うという事は一つの選択肢です。一生仕送りを送り続ける事は個人的に自由恋愛では無く、出会いの時点からなにか作為的な事を感じます。

一番私達が恐れるのは、

会う前から女性が何らか約束をしている場合です。私のここでの出会いは異なっています。

それは自由恋愛なのでしょうか?私は違うと思います。

仕送りは相手のご家族の状況により、男性側が判断するべきです。そして将来の奥様と念入りに話し合う事が必要です。

ご注意ですが、フィリピン人女性と通訳を介してそのような約束をした場合は、約束がなされない場合があります。しかし、男性側の主張も大変重要です。

それは当然です。

あなたと彼女が直接決める事です。英語が出来なければ、翻訳サービスを頼み文章で理解させる事も必要です。それは何度も繰り返し必要かもしれません。

フィリピン人女性が日本に来てからでは残念ですが大変遅いと思います。

必ず結婚前にコミュニケーションをはかりお二人の生活設計をしてください。そして相手のご両親にも女性経由でご理解頂く事も必要です。
※彼女に自分の給料の明細を見せても理解してもらえません。まずは彼女が現地でいくら稼いでいるか確認してはいかがでしょうか?

フィリピン人女性との恋愛の場合は相手のご家族に仕送りの約束が無い場合は女性にとって減点材料になります。恋愛関係が未熟な時からはそのような話ができませんし、相手は聞き入れないと思います。

恋愛関係を進めながら(通訳を介してでも)最初はなかなか聞き入れなくても、徐々に理解してもらえるようにお互い努力してください。

彼女との大きなトラブルや恋愛の苦労を避けたい場合は

妻が働く事ができるまで、一定金額を仕送りをすべきだと思います。

妻を愛しているからこそ真剣に考えてください。
ヨーロッパで女性でも同じです。基本的には日本でお仕事をする方が多いです。そして母国の両親に送金します。これは万国共通です。また私の以前付き合った女性は、家にいるだけで働きたくないと言っていました・・・。それもまた困ったものです。

仕送りの件は客観的なアドバイスが直接可能です。Sより

お互いの愛情が無ければ、そういった方も少なからずいると思います。

しかし、私は皆さんと異なる認識を持っています。

2016年からマイナンバーが本格的に始まります。外国人でも中・長期滞在者や永住者であれば、日本人の様に

納税、社会保障(年金・保険)、就労、銀行履歴など一元で管理されるようです。

それでは無事に永住権を取った女性が、さっさと離婚した場合、税金や保険などをきちんと払う事ができますでしょうか?

女性からすれば、一人ではとても面倒な事でしょう。

私はきちんと、この事を説明出来れば、

女性側は離婚のリスクは高いと認識し、例えば離婚しない夫婦が増えるとか、旦那と一緒にいた方がより今まで通り自由であるなど、そのような選択肢が増えてくると言えるでしょう。しかし、これも、お互いが愛情が無ければ、まったく離婚の抑止力にはならないと思います。

この事をやみくもに女性に言っても理解されません。どのタイミングでこの話を切り出すかは時期と方法が限られていると思います。

日本に来てからでは全く遅いと思います。その理由も私なりにはあります。
簡単推測できることは日本の生活に慣れれば同胞に会う機会も増えるという事です。入知恵もあるでしょう。その頃にはよっぽど旦那さんがしっかり意思疎通ができなければ聞く耳持たない様な気がいたします。

ご自身で良くお考えの上、適切な方法で女性にお伝えください。
始めからこのような話をすれば女性は恋愛どころではありません。

「日本は細かい管理社会で、とても生きにくい」との誤認をしてしまう可能性が高いです。

離 婚するかどうかは、フィリピン人妻に関してはあなた次第だと思います。深い愛情をあなたが与えれば、フィリピン人妻にからは必ず返ってくると思います。お 金や物を渡してもそれは一時的な愛情だけでしょう。新しい家族の為にも正確な情報を女性に伝える事は女性の為でもあります。

客観的なアドバイスが直接可能です。良ければ聞いてくださいね。Sより

私の意見としましては、出会って間もない時や現地渡航で、そこまで仲良くなる必要はないと思います。
険悪な関係でも大丈夫という事ではなく、直接連絡をしたり、何かをプレゼントする必要はないという事です。

まず、ご家族との付き合い方ですが、相手の両親や兄弟と心から仲良くなれるのは、あなたが相手のご家族を招聘した時からだと思います。
子供が生まれた後に、是非ご両親から招聘してみてください。
また、ご兄弟に関しては、日本に招聘する事が就労目的では無い事をしっかりと認識させた上であなたの保証人として、日本に招待する事も可能です。

あなたの家に泊まる事で、わずか2週間であっても、あなたが観光地や日本の料理などで”おもてなし”をすれば、相手はとても喜び感謝をすると思います。相手のご両親やご兄弟もあなたの生活環境を理解するでしょう。そして、絆も深まるときっと思います。

最初はその程度の付き合いからが良いのではないでしょうか?
親戚に関しては申し訳ありませんが、招聘は難しいので顔見知り程度のお付き合いになると思います。それ程気になされなくて大丈夫ですよ。

Sより

仕送りは不要
日本人と国際結婚を望むフィリピン人女性一覧
国際結婚を望むフィリピン人女性の一覧はこちらからご覧いただけます。真剣に日本人男性と国際結婚を考えている女性ばかりです。首都マニラ近郊に住んでおりますので、フィリピンは島国です。ご結婚後も多額の帰省費用がかからないのが特徴です。
国際結婚アドバイザーが恋愛をサポート
国際結婚は女性選びが一番重要です。フィリピン人女性に限らず、直接国際結婚業者との折衝は大変危険です。女性が仮に悪い女性でも成婚料目当てにそれを知らせません。また、成婚後は何もサポートされないのが一般的なのです。

新規入会フィリピン人女性

  1. 1997021


国際結婚アドバイザーブログ

女性一覧へ戻る

キャンペーン!

5周年記念キャンペーン
今ならお見合い費用が99,000円にてご提供をしております。5周年記念キャンペーン中!

お問い合わせフォーム

国際結婚アドバイザーへのお問い合わせ
業者さんとの直接の折衝は大変難しいです。私が間に入りあなたと一緒に幸せな国際結婚になるよう応援致します!

Embassy of Japan in the Philippines
在フィリピン日本国大使館の情報をご確認頂けます。

ページ上部へ戻る